歴史絵巻 打越家伝

甲斐源氏小笠原氏流/楠木正家後裔

第2部第1巻 打越氏の発祥(第1段)

第1段 総論
 
 打越氏(内越氏)は、各種の参考文献から1系統12流(清和源氏、本家3流と分家9流)の存在が確認できます(注1)(注2)。そのいずれもが前九年・後三年の役奥州合戦等を契機として東国で勢力を伸ばしながら全国へ分布していった清和源氏の係流であると考えられ、それらの発祥地を紐解けば、以下の3ケ所に集約することができます(発祥年順)。

出羽国由利郡内越邑発祥(楠木正家後裔/甲斐源氏小笠原氏流)

紀伊国海部郡宇須邑字打越発祥(雑賀衆 

紀伊国西牟婁郡和田邑字打越発祥(甲斐源氏武田氏流)

 
 また、南北朝の動乱では後醍醐天皇南朝)に忠節を尽くして、鎌倉幕府及び足利尊氏北朝)に対抗した楠木氏との関係を示す史料や各地の痕跡が数多く残されており、現在でもそれを裏付けるように打越氏の末裔は南朝の勢力拠点があった地域に集中的に分布しています(注3)

清和源氏】+【楠木氏】=【打越氏
            +
          【由利氏】+【大江氏(寒河江氏)

 
 なお、打越氏の庶流の中には武士から帰農した人も多く、それらの人の子孫は庄屋、医師や教育者等として活躍した人も多く確認できますが、非常に広範多岐に亘ってまとめきれないことから、このWEBサイトでは武士の系流のみを対象としています。
 
(注1)氏族と名字
氏族とは、共通の先祖を持つ血族集団のことで父系又は母系のいずれかの系流で把握され、名字で識別されています。例えば、徳川次郎三郎(右大臣)源朝臣家康は、「名字」(徳川)+「仮名」(次郎三郎)(「官位」(右大臣))+「氏」(源)+「姓」(朝臣)+「実名」(家康)で構成されており、徳川氏は清和源氏新田氏流得川氏松平氏へ養子に入り、その後、松平家康が徳川(損得の得川ではなく人徳の徳川に変更)に復姓して誕生した氏族で、得川氏の所領である上総国新田荘得川郷が発祥地であると考えられています(「日本大百科全書第16巻」より)。
【名字】「氏」(例、源氏)のなかで「直系の血族集団」(例、佐竹氏、武田氏、小笠原氏、於曾氏、南部氏)を区別し、それぞれの所領の支配権を示すために、自ら所領の名前(例、小笠原氏は甲斐国巨摩郡小笠原郷)を名乗ったもの。
【仮名】家族の序列(長男:太郎、二男:次郎、三男:三郎など)。
【官位】家の序列(家長は官位が与えられると仮名(家族の序列)に代えて官位(家の序列)を名乗る)。
【氏】 天皇が臣下に与えた血縁関係を示す称号(源・平・藤・橘など)
【姓】 天皇が臣下に与えた組織地位を示す称号(臣・連・伴造・国造など)
【実名】父親が元服のときに与えたもの(父親から一字(通字)をとって付けることが多い)
 因みに(楠木)氏の出自には諸説あり確かなことは分かりませんが、駿河国入江荘長崎郷楠邑を支配して楠(楠木)氏を名乗ったという説があり(「神道学128号」より)、この地は鎌倉幕府内管領・長崎氏の発祥地でもあります(「静岡県史通史編第2巻」「鶴岡八幡宮年表」より)。上述の例からも分かるとおり、武士の氏は天皇(又は天皇が土地の分配権を委嘱した幕府)から与えられた土地の支配権を示すためにその地名を名乗るのが通例で、その発祥地には氏の由来となった同名の土地が存在します(これとは逆にその土地を支配する氏族と同名の地名に変更された例もあります)。1285年(弘安8年)の霜月騒動を契機として楠木氏が観心寺荘(又は玉櫛荘?)に移住しますが、楠木氏には男子がなかったことから河内和田氏から娘婿(和田(橘)入道正遠?)を迎えて楠木氏の家督を承継させてその子に楠木正成が誕生した可能性があり、遅くとも1322年(元享2年)には楠木正成が北条時高から命じられて鎌倉幕府御家人として湯浅氏を討伐していることから既に楠木正遠から楠木正成家督が相続されていたと考えられます(「大日本佛教全書第131巻」の「高野春秋編年輯録」より)。このため、河内国には楠木氏の出自に関する史料が乏しく、また、楠木正季の墓(寶國寺)に和田姓が彫られていることや楠木正成の甥・和田賢秀を初めとして河内和田氏が楠木氏と同族とされていると考えられます。なお、公家の二条道平の日記「後光明照院関白記」に「楠の木の 根は鎌倉に 成ものを 枝を切りにと 何の出るらん」という落首が記録されていることや「吾妻鑑」の1190年(建久元年)11月7日の日記に源頼朝に従って上京した兵のうち殿隊42番として楠木四郎の名前が記録されていることなどから、もともと楠木氏は鎌倉幕府御家人であったと考えられ、上述のとおり1285年頃に楠木氏が河内国へ移住して河内和田氏と姻戚関係を結び、河内国をはじめとした紀伊半島に築かれていた河内和田氏の人的ネットワークをフルに利用していたのではないかと推測されます。因みに、殿隊第42番(3人1組)には楠木四郎のほかに武蔵七党の忍三郎及び忍五郎の名前が記録されていますが、映画「のぼうの城」佐藤浩二さんが演じた忍城石田堤から見る忍城)を守備した正木丹波守利英(高源寺にある慰霊碑には菊水紋)は楠木氏の末裔と言われていることからも、楠木氏が東国武士であった可能性が高いのではないかと考えられます。なお、小田原征伐で北国軍(大将:前田利家、副将:上杉景勝真田昌幸)の信濃衆に編成された打越光重は、八王子城を落城させた後に忍城責めにも参加した可能性があります。
 
(注2)打越氏の発祥に関する参考文献
打越氏というマイナーな氏族を研究している専門家はおらず、姓氏家系大辞典第1巻を手掛りとして、以下の参考資料等から打越氏の発祥を洗い出しました。なお、都道府県別姓氏家紋大辞典には愛知県及び静岡県に分布する打越氏が嵯峨源氏渡辺氏流であると紹介していますが、そのことを裏付ける古文書等が発見できず、一文字三ツ星紋と渡辺星紋を取り違えたものではないかと考えられます。
①各藩が編纂した家系図
寛永諸家系図伝(四十一)譜牒餘録(後編巻十九)諸家系譜寛政重修諸家譜(巻二百五)干城録(百二十三)久保田藩元禄家伝文書紀州家中系譜並に親類書書上げ ほか
②各藩が編纂した分限帳
③各家に伝わる家系図
打越氏御先祖様代代記覚書控親川楠家系図由利家及打越家系図 ほか
④各地方公共団体が編纂した郷土史資料
本荘市史(通史編1)(史料編1下)、由利本荘市誌鶴舞水戸市史 上巻勝田市史 中世編・近世編那珂湊市史料(第1集)(第14集)、和歌山県史 近世編大塔村史 通史・民族編 ほか
⑤各地に分布する家紋
都道府県別姓氏家紋大辞典(東日本編)(西日本編) ほか
⑥市販書
打越内越一族(著者:新井康友、出版:日本家系家紋研究所、1984年)北羽南朝の残照(著者:大坂高昭、出版:無明舎出版、2002年)家系研究(65号)、家系研究(66号)(著者:岡田有史、出版:家系研究協議会、2018年)
⑦インターネット上の情報
サイバー記念館(秋田県由利本荘市矢島町)武家家伝 由利十二頭通史武家家伝 打越氏、 武家家伝 楠木氏(、上表の異説:)、 武家家伝 大井氏()、武家家伝 小笠原氏()、武家家伝 甲斐源氏武家家伝 仁賀保氏武家家伝 矢島氏武家家伝 赤尾津氏武家家伝 滝沢(由利)氏天月ブログ(家系研究65号、66号)仁賀保氏の歴史
 
(注3)打越氏の末裔の分布状況 
現在、打越氏の末裔が集中的に分布している「茨城県(1位)」は東国における南朝の勢力拠点で陸奥鎮守府の前線基地である瓜連城(楠木正家が楠木正成の代官として守備)があった場所、「兵庫県(2位)・大阪府(4位)・和歌山県(7位)」は中央における南朝の勢力拠点で吉野宮や楠木氏の勢力基盤があった場所及び「鹿児島県(6位)・福岡県(9位)・熊本県(13位)」は西国における南朝の勢力拠点で南朝の鎮西府(護良親王)や菊池氏の勢力基盤があった場所です。また、「北海道(5位)」は明治維新により紀州藩に仕官していた打越氏(本家Ⅱ)の一部が屯田兵として疎開した場所であり(「屯田兵村の百年」より)、また、江戸時代に打越氏(分家Ⅳ)が仕官していた津軽藩蝦夷地の警備を命じられて打越氏(分家Ⅳ)も何度か出兵しているので打越氏(分家Ⅳ)の一部が移住した可能性も考えられます。なお、その他で上位にランクされている「東京都(3位)・神奈川県(8位)・千葉県(11位)・埼玉県(12位)」は徳川将軍家や柳沢家に仕官していた打越氏(本家Ⅰ、分家Ⅴ)の知行地があった場所であることに加えて、都心への通勤圏として人工が集中しているという現代的な要因により打越氏の分布が多いものと考えられます。(注35)(注39)
 

トップに戻る